顔脱毛で脱毛できる部位とメリット・デメリットや注意点

⑥顔脱毛

このページでは医療脱毛や脱毛サロン、家庭用脱毛器による顔脱毛についてまとめています。

✅ 顔脱毛で脱毛できる部位を知りたい
✅ 顔脱毛のメリットを確認したい
✅ デメリットや注意点も知りたい

上記のような場合は参考にしてください。

ピヨ子
ピヨ子

脱毛の中でも顔脱毛にフォーカスを当ててくよ

顔脱毛のとは?脱毛できる部位

医療脱毛や脱毛サロン、家庭用脱毛器などで実際に脱毛できる部位は以下のとおりです。

・額(おでこ部分)
・眉間、眉毛周り
・頬(ほっぺ部分)
・鼻下
・口下、口周り
・顎下
・首

クリニックやサロンによって細かい区分は異なりますが、おおよそ上記のような部分が顔脱毛の範囲となります。

鼻下など皮膚が薄い部分は痛みをやや感じやすいものの、基本的に産毛がほとんどでありイメージするほど痛みがないのが顔脱毛の特徴です。

家庭用脱毛器でもできないことはないですが、デリケートな部分が多いためクリニックやサロンでやってもらう方が安心です。

顔脱毛のメリット

顔脱毛には意外と多くのメリットがあります。

・日常の手入れが楽になる
・肌の印象が良くなる
・化粧水や美容液などの浸透が良くなる
・メイクのノリが良くなる

上記のようなメリットが挙げられます。それぞれ確認していきましょう。

ピヨ子
ピヨ子

顔脱毛は意外とメリットが多いよ

日常の手入れが楽になる

当然ですが、顔脱毛することによって日常のムダ毛処理の手間が楽になります。

永久脱毛ならもちろん、永久脱毛までいかなくても濃い産毛を処理したりする頻度を下げたりすることができます。

肌の印象が良くなる

肌の印象は一目でわかるくらい変わるケースがあります。

一見、顔にはあまり毛がないように見えても産毛があると全体的に顔が暗く見えるケースがあります。

顔脱毛で産毛を処理すると全体的に明るくなり、印象が良くなるケースが多いです。

化粧水や美容液などの浸透が良くなる

化粧水や美容液は産毛がないことで浸透しやすくなっている実感が得られます。

実際に顔脱毛したツルツルの肌の方がスキンケアが有効とされています。

メイクのノリが良くなる

メイクのノリが良くなるのも顔脱毛のメリットです。

特に鼻周辺やおでこ、アゴなどは顔脱毛することでメイクの仕上がりが良くなることが実感しやすいポイントとされています。

顔脱毛のデメリットと注意点

顔脱毛のデメリットはほとんどありません

強いて挙げると、医療脱毛や脱毛サロンで顔脱毛が基本プランに入っていない場合は費用がかかるという点くらいです。

特に医療脱毛では全身脱毛プランには顔脱毛が含まれていないケースが多いので注意しましょう。

その他、注意点として可能性は高くないものの毛嚢炎のリスクがあります。毛嚢炎は顔に限らず、施術で傷ついた毛穴に雑菌が入って炎症が起きている状態です。

ピヨ子
ピヨ子

脱毛後は清潔にしておくのがポイント

通常は清潔な状態にしておけば1〜2週間程度で良くなりますが、進行すると膿がたまったり、痛みを伴うケースもあるため、その場合はすぐに受診しましょう。

毛嚢炎の予防として、脱毛直後は熱を持たないようにスキンケアをし、清潔に保つようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました