脱毛サロンの脱毛方式はどんな種類がある?IPL式・SSC式・SHR式の違いと比較

③脱毛サロン

このページでは脱毛サロン(エステ脱毛)の脱毛方式についてまとめています。

✅ 脱毛サロンの脱毛方式を知りたい
✅ 各脱毛方式の詳細を確認したい
✅ それぞれの違いや比較を知りたい

上記のような場合は参考にしてください。

ピヨ子
ピヨ子

どの脱毛方式が良いか参考にしてね

脱毛サロン(エステ脱毛)の脱毛方式の種類は3種類

現在、脱毛サロンの主流となっている脱毛方式は主に3種類あります。

IPL式:光が黒色に反応して直接毛根に作用する
SSC式:抑毛成分ジェルを光で浸透させ毛根に作用する
SHR式:発毛の指令を出すバルジ領域に作用する
ピヨ子
ピヨ子

それぞれの詳細を確認してみよう

IPL式(インテンスパルスライト式)

IPL式は光脱毛の一種で、IPLと呼ばれている特殊な光を照射する脱毛方法です。 特殊な光が毛根のメラニン色素に反応し、照射により毛根にダメージを与えてムダ毛を生えにくくします

施術直後の変化はないですが、1週間から2週間程度で毛が抜けます。脱毛効果には個人差があり、他の脱毛方法と比べて濃い体毛の処理に向いています。

主なメリット
・比較的即効性がある
・長期的に見ても高い効果が期待できる
主なデメリット
・他の方式よりも痛みを感じやすい
・日焼けした肌やほくろは不可。色素が薄い毛や産毛が苦手。

SSC式(スムーススキンコントロール式)

SSC式は光と特殊なジェルを使った脱毛方法です。

脱毛したい部位に特殊なジェルを塗って光を照射すると、有効成分が毛穴から浸透して毛母細胞に働きかけ毛が生えるのを抑えます

主なメリット
・痛みをIPL式よりも感じにくく、IPL式に近いレベルの効果
・最短で2週間程度の短い施術サイクルで脱毛できる
主なデメリット
・1回の施術にやや時間がかかる
・即効性はやや感じにくい

SHR式(スーパーヘアリムーバル式)

SHR式は、発毛の司令塔になるバルジ領域にダメージを与える脱毛方法です。司令塔にダメージを与えると、最終的には毛が生えなくなります

SHR式は約60度から70度の低温で施術を行うので、フラッシュの温度が高い脱毛方法に比べてダメージを最小限に抑えられます。

主なメリット
・1回の施術時間は短く、最も痛みを感じにくい
・産毛にも効果が期待でき、ある程度日焼けしていても可能
主なデメリット
・効果は比較的控えめ
・即効性は感じにくい

3種類の脱毛方式の比較

ピヨ子
ピヨ子

どれもメリット・デメリットがあるんだよ

IPL式 SSC式 SHR式
一般的な効果 △〜○
痛み
全身施術時間 30分〜1時間 1時間程度 20〜30分
施術サイクル 2〜3ヶ月 2週間〜3ヶ月 2週間〜1ヶ月
即効性
産毛
日焼け・ほくろ
脱毛完了までの目安 1年〜数年 1年〜数年 半年〜1年

上記のように、それぞれの脱毛方式にメリット・デメリットがあります。

脱毛サロンを選択する際には、採用している脱毛器の種類にも注目してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました