脱毛するならどれ?医療脱毛・脱毛サロン・家庭用脱毛器のそれぞれの特徴とメリット・デメリット

①脱毛の知識

このページでは効果的な脱毛の種類についてまとめています。

✅ 脱毛の種類を知りたい
✅ それぞれのメリット・デメリットを知りたい
✅ 比較情報を確認したい

上記のような場合は参考にしてください。

ピヨ子
ピヨ子

自分にあった脱毛方式を探そう

効果的な脱毛の種類は3種類

現在、効果が高い脱毛の種類は主に3種類に分けられます。

分類 特徴
医療脱毛での脱毛 病院や皮膚科など医師が常駐する医療機関で実施する脱毛
脱毛サロン(エステ脱毛)での脱毛 医療機関でない一般的な美容サロンで実施する脱毛
家庭用脱毛器での脱毛 専門的な脱毛器を購入して自分で実施する脱毛

それぞれの脱毛方式にメリッット・デメリットがあります。

脱毛方式のそれぞれのメリット・デメリット

ピヨ子
ピヨ子

それぞれにメリット・デメリットがあるよ

値段、痛み、効果などの面からメリット・デメリットを確認していきます。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛を利用する最大のメリットは高い脱毛効です。永久脱毛と呼べるのは医療脱毛を実施する場合のみです。

デメリットとしては医療機関であるため実施できる場所が限られる点、脱毛時の痛みが強い点、値段が比較的高額である点などが挙げられます。

ただし、痛みに関しては医療機関であるため麻酔クリームなどを使用することでもカバーできます。

費用面に関しては1回あたりの効果が高い分、継続回数が少なくなるためトータルすると安く済むというケースも多くあります。

医療脱毛のまとめ

・脱毛効果が高く、永久脱毛も可能
・痛みは強めだが麻酔クリームを使える
・1回あたりの値段は高め
・医療機関なので実施施設は限られる

脱毛サロンのメリット・デメリット

脱毛サロンのメリットは医療脱毛に比べ1回あたりの料金が安いこと、痛みも控えめという点があります。

また、医療機関である必要がないため、店舗数も多くどの地域でも比較的通いやすいメリットがあります。

デメリットは医療脱毛と比較すると脱毛器の出力が低いものとなり、脱毛効果もやや控えめになります。永久脱毛は脱毛サロンだと難しいケースが多くなります。

しかし、自己処理の手間を減らす目的や、もともと毛量が少ない・薄いような人は気軽に行きやすい脱毛サロンでも十分なケースも多いでしょう。

脱毛サロンのまとめ

・1回あたりの費用は医療脱毛より安い
・店舗数が多い
・医療脱毛に比べて痛みも効果も控え目

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器のメリットは医療脱毛や脱毛サロンと比べると、一般的にかかる費用が最も少なくなります。

また、近年では脱毛サロンの脱毛器に匹敵するような出力の家庭用脱毛器もあり、ある程度の効果も期待できます。

自分のタイミングで外出の必要もなく気軽に脱毛ができるメリットもありますが、当然自分で脱毛する手間がかかります。

その他のデメリットとしては、医療脱毛や脱毛サロンに比べてキレイに脱毛できなかったり、背中側やVIOなど自己処理が難しい部位もある点が挙げられます。

時間的・立地的に医療脱毛や脱毛サロンに通うのが難しい場合や、他人に脱毛してもらうのに抵抗がある場合、安く済ませたい場合には適している脱毛方法と言えます。

家庭用脱毛器のまとめ

・トータルでかかる費用は最も安い
・近年では脱毛サロン並に効果が期待できる脱毛器もある
・気軽に好きな時間に処理できるが、自分でやる手間がある
・部位によっては自己処理が難しいケースがある

脱毛の種類のまとめ

ピヨ子
ピヨ子

それぞれの特徴を理解して利用することが大事だよ

医療脱毛、脱毛サロン、家庭用脱毛器の特徴をまとめると以下の通りです。

医療脱毛 脱毛サロン 家庭用脱毛器
脱毛効果 △〜○
安全面
費用
痛み △〜○
手間
アクセス・時間的メリット
向いているケース ・永久脱毛をしたい
・毛が濃い
・医療機関で安全に脱毛したい
・手軽に通いたい
・あまり毛が濃く無い
・自己処理は面倒
・自分の都合でしたい
・他人に見られたくない
・リーズナブルにしたい

上記のようにそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分の目的にあった脱毛方法を選ぶようしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました